過払金を狙った悪質な事務所に騙されないために

過払金の回収を専門家に依頼しようと決めたら、必ずどんな事務所なのか、 どんな弁護士・司法書士なのかを自分の目で確認することが大切です。

テレビやラジオなどや、新聞折り込みのメディアや
ポスティングでは頻繁に宣伝を行っている弁護士事務所や
司法書士事務所があります。
“過払金を狙った悪質な事務所に騙されないために” の詳細は »

たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その2)

個人民事再生手続きは、再生手続開始の申立を管轄の地方裁判所に行うことで開始され、 再生計画の認可決定が確定することで終わります。

個人民事再生には3つの柱があります。
小規模個人再生、給与所得者等再生、住宅貸付金貸付債権に関する特則
というもので成り立っています。
“たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その2)” の詳細は »

たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その1)

それは、個人民事再生という手続きを利用することです。 個人民事再生は、通常の民事再生手続きに比べると、その手続きがシンプルでしかもスピーディーです。

民事再生とは、基本的に債権者と債務者の話し合いにもとづいて、
債務者が完全に破綻してしまう前に、何とか再生が図れるように
することをめざした法律です。
“たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その1)” の詳細は »

ニューヨーク一人旅に向かう朝

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません (在日米国大使館および領事館の公式ウェブサイトより)

この夏休み、娘がニューヨーク一人旅に行ってます。
貯めたアルバイト代で、
どんどん計画をたて、
“ニューヨーク一人旅に向かう朝” の詳細は »

気軽に司法書士事務所に依頼してみよう

昔、消費者金融に借入があった方、思い出したくない過去かもしれません。 でも、完済から10年以内なら、過払金があるかもしれませんよ。

過払金の請求を専門家に依頼するときに、弁護士と司法書士、どちらに依頼
しようか迷うところでしょう。

“気軽に司法書士事務所に依頼してみよう” の詳細は »

自分でもできる、利息計算をする方法

開示された取引履歴をみて、途中や最後の金額にマイナス表示があったら、 これは完全に過払金と判断できます。 迷わず、専門家に相談しましょう。

過払金があるのかないのか、モヤモヤしていて気にはなっている。でも、
弁護士事務所や司法書士事務所に行く勇気がないし、費用が不安という方も
いらっしゃるでしょう。
“自分でもできる、利息計算をする方法” の詳細は »

水芭蕉咲きほこる尾瀬トレッキング

トレッキングをするたびに、普段日ごろの運動不足を反省するのですが、 なかなか日常に運動を取り入れるのは難しいです。

6月中旬に水芭蕉を見に尾瀬に行ってきました。
例年より遅い開花だったということで、ばっちり満開でした。
“水芭蕉咲きほこる尾瀬トレッキング” の詳細は »

今更聞けない過払い金事情

平成21年以前に、利息制限法の法定利息を超える利息で借り入れがあった場合、過払金があるかもしれません。

「過払金」という言葉は、メディアを通してずいぶんと浸透してきました。
老若男女だれでも一度は聞いたことがある言葉となりましたが、さて、
その意味、理屈をご存じでしょうか。

“今更聞けない過払い金事情” の詳細は »

箱根・翠松園に行ってまいりました(後編)

日本旅館ならではのあたたかなおもてなしと、ホテルの快適さ現代的な居心地の良さを融合させた 「RYOKANスタイル」

高級セダンに乗り込み、わずか5分ほどで翠松園に到着です。
ロビーはこじんまりとした清潔感溢れる近代的なつくりで、
向こう側には日本庭園のような景色が見えます。
“箱根・翠松園に行ってまいりました(後編)” の詳細は »

箱根・翠松園に行ってまいりました(前篇)

毎年の期末会と呼ばれる決算懇親会は、豪華賞品をめぐってクイズやらスポーツやらで 正々堂々と戦いが繰り広げられます。そして勝者が1番にクジをひく権利が与えられるのです!

箱根翠松園とは、三井財閥の別荘であり、現在は高級温泉宿なのです。
そこに夫婦水入らずで、一泊の温泉旅行に行ってまいりました。
“箱根・翠松園に行ってまいりました(前篇)” の詳細は »

« 過去の記事
 

過払い金を請求し満額の回収をサポートしています

誰が請求するか、たとえば利用者の本人がするのか、司法書士が代理人としてするのかによって、
過払い金の回収額はぜんぜんちがうのです。