完全遮光の白い日傘は夏の必須アイテムです

完全遮光の基本的条件は、外張りが白で太陽をはじき、内側は黒で熱を吸収する素材が使われていることです。

みなさんは日傘をお使いになってますか?
私は初夏からほぼ毎日日傘派です。
“完全遮光の白い日傘は夏の必須アイテムです” の詳細は »

事務所の9周年をお祝いしました

屋形船はクルーザーとは違って、海に近いのが魅力! 今度はやっぱり花火を見ながらの屋形船に乗りたいな。

5月18日は、私たち司法書士法人アミーズ横浜事務所の9周年でした!
毎年美味しい食事とお酒でお祝いをしています。
“事務所の9周年をお祝いしました” の詳細は »

ゼロ和解にメリットはあるのでしょうか

貸金業者とのゼロ和解をするメリットは、早期解決と裁判手続きの手間の節約のみです。

過払金の返還請求をしたところ、貸金業者から、双方債権債務なしという
和解が提案されました。これをゼロ和解といいます。
“ゼロ和解にメリットはあるのでしょうか” の詳細は »

自己破産と過払金請求の関係

過払金を特定の債権者や知人友人からの借入返済に優先的に支払ってしまうと、偏波弁済とみなされ、 裁判所からの免責決定を受けられないことにもなりかねません。

ここ何年か、メディアでも過払金請求が多くとりあげられ、
「過払金」という言葉が、かなり浸透したように思います。
“自己破産と過払金請求の関係” の詳細は »

ブラックリストのウソホント

ブラックリストとは、民間の信用情報機関が、債務者の返済の遅延、債務整理の開始、破産・民事再生の申立てなどの経済的な信用状態に関する 個人情報(事故情報)を収集して作成しているデータベース(名簿)のことをいいます。

ブラックリストという言葉はどこかで聞いたことがあるかと思います。
いわゆる信用情報機関ですが、ブラックというだけでなんだかオドロオドロシイ感じがします。

“ブラックリストのウソホント” の詳細は »

花粉症2年生と思いきや?!

食事によって体質から改善していくことで、緩和させるだけじゃなく花粉症を治すことだって出来ちゃうかもしれません

事務所周辺の桜も満開を過ぎ、今日はポカポカ陽気です。
さて、去年の春には花粉症という都会人デビューを果たした私ですが、
“花粉症2年生と思いきや?!” の詳細は »

過払金の返還裁判では圧倒的に有利なのです

裁判をするという負担はあるものの、早期の支払いにつながっていくかもしれません。

裁判になれば、圧倒的に借り手のほうが有利で、ほとんどが勝訴することになります。
債権者は、裁判を起こされると、ほとんど敗訴することを知っているので、
裁判を避けようとします。
“過払金の返還裁判では圧倒的に有利なのです” の詳細は »

さあ、裁判所へLet’s Go!(その2)

準備書面とは、民事訴訟法第161条に規定されているもので、口頭弁論での主張の準備のために用意する、答弁や反論などを記載した書類のことです。

裁判所に訴状を提出すると、さあいよいよ裁判所でのやりとりが始まります。
裁判所は提出された訴状の副本を被告である貸金業者に郵送します。
“さあ、裁判所へLet’s Go!(その2)” の詳細は »

雪やこんこん霰やこんこん

小学校にミニスキー登校していた懐かしい昭和。映画三丁目の夕日までは遡りませんが、子供時代の思い出って本当にセピア色。

先週末はまた雪が降るような予報でしたが、横浜は降りませんでしたね。
年に2,3回しか雪が降らない首都圏は予報が出るたび大騒ぎになります。
“雪やこんこん霰やこんこん” の詳細は »

さあ、裁判所へLet’s Go!(その1)

訴状を提出する前に、まずは請求金額を再度確認しましょう。 請求金額は、過払金のみで、過払金に対する利息は含みません。

過払金が発生した場合、最終的に訴訟を提起すれば、過払金だけでなく、
過払金が返還されるまでの期間に対して、年5%の利息を付けた金額を請求できます。
“さあ、裁判所へLet’s Go!(その1)” の詳細は »

« 過去の記事
 

過払い金を請求し満額の回収をサポートしています

誰が請求するか、たとえば利用者の本人がするのか、司法書士が代理人としてするのかによって、
過払い金の回収額はぜんぜんちがうのです。