憂鬱な秋の長雨

朝出勤するときにすっきりとした洗濯カゴに満足し、帰宅したらまたカゴいっぱいになってる洗濯物を洗う。 それがひとり洗濯戦争です。その戦いは誰も知らない・・・

9月に入ってからというもの、来る日も来る日も雨ばかり。
今朝のニュースでは今月雨が降らなかったのは5日と17日の2日だけと
言ってました。
“憂鬱な秋の長雨” の詳細は »

簡易裁判所と地方裁判所の違い

貸金業者も裁判ですんなりと過払金を認めるくらいなら、最初から和解に応じるでしょう。 裁判ではあれやこれやの戦略を用いて、和解するように仕向けてきます。

請求金額が140万円以下であれば、簡易裁判所に、140万円を
超える場合には地方裁判所に訴訟を提起することになります。
“簡易裁判所と地方裁判所の違い” の詳細は »

すべての借入に過払金があればいいのですが・・・

すべての借入について、過払金が生じているならばいいが、そうでないケースも
多分にあるでしょう。過払金請求をした時に、すべての借入を完済している場合ばかり
ではなく、残債務があることも多くあります。
“すべての借入に過払金があればいいのですが・・・” の詳細は »

4年に1度のオリンピックイヤー!

2016年8月5日から21日までの17日間。南アメリカのブラジル・リオデジャネイロ第31回オリンピック競技大会が行われます。

リオオリンピックでは、日本のメダルラッシュが続いています!
もうすでに、日本は18個ものメダルを獲得しているようです。
“4年に1度のオリンピックイヤー!” の詳細は »

貸金業者からの移送申立てへの対抗手段

民事訴訟法は、どこの裁判所に裁判をおこすかを規定しています。 この規定は、基本的には、被告の利益保護、当事者間の衡平などに配慮して定められています。

自分の住所地を管轄する裁判所に過払金返還請求訴訟を提起したところ、
貸金業者が合意管轄等を理由に、本社の住所地である裁判所に移送申立てを
しようとすることがあります。
“貸金業者からの移送申立てへの対抗手段” の詳細は »

過払金返還請求における和解基準

訴訟で必要となる時間や手間、コストと早期に回収するメリットを具体的に比較して 考慮した上で、どの程度の減額であれば納得できるかを検討してください。

貸金業者の交渉文句は、「弁護士や司法書士に頼んだら2割は
とられるのだから8割で和解しましょう」というものです。
“過払金返還請求における和解基準” の詳細は »

完全遮光の白い日傘は夏の必須アイテムです

完全遮光の基本的条件は、外張りが白で太陽をはじき、内側は黒で熱を吸収する素材が使われていることです。

みなさんは日傘をお使いになってますか?
私は初夏からほぼ毎日日傘派です。
“完全遮光の白い日傘は夏の必須アイテムです” の詳細は »

事務所の9周年をお祝いしました

屋形船はクルーザーとは違って、海に近いのが魅力! 今度はやっぱり花火を見ながらの屋形船に乗りたいな。

5月18日は、私たち司法書士法人アミーズ横浜事務所の9周年でした!
毎年美味しい食事とお酒でお祝いをしています。
“事務所の9周年をお祝いしました” の詳細は »

ゼロ和解にメリットはあるのでしょうか

貸金業者とのゼロ和解をするメリットは、早期解決と裁判手続きの手間の節約のみです。

過払金の返還請求をしたところ、貸金業者から、双方債権債務なしという
和解が提案されました。これをゼロ和解といいます。
“ゼロ和解にメリットはあるのでしょうか” の詳細は »

自己破産と過払金請求の関係

過払金を特定の債権者や知人友人からの借入返済に優先的に支払ってしまうと、偏波弁済とみなされ、 裁判所からの免責決定を受けられないことにもなりかねません。

ここ何年か、メディアでも過払金請求が多くとりあげられ、
「過払金」という言葉が、かなり浸透したように思います。
“自己破産と過払金請求の関係” の詳細は »

« 過去の記事
 

過払い金を請求し満額の回収をサポートしています

誰が請求するか、たとえば利用者の本人がするのか、司法書士が代理人としてするのかによって、
過払い金の回収額はぜんぜんちがうのです。